カテゴリ:マスティフについて( 2 )

1週間以上も前になっちゃいましたが、スパニッシュマスティフのパピーちゃんと遊びましたぁ〜。

気温がすでに上がり始めていたので、日陰の多い公園の方のドッグランで待ち合わせ。
e0192217_7374989.jpg


同じマスティフでもイングリッシュとスパニッシュでは見た目が全然違うんですよぉ〜。
ラブラドールが大きくなった感じでしょ?
e0192217_7401352.jpg

既に大きいけど動きがパピーで可愛いの。
後ろ姿がライオンみたいにもう貫禄があるのよぉ。

モカと仲良く遊びましたぁ〜。
e0192217_7405998.jpg


ワンプロしてると、寝っ転がってたザックがやってきて、間にスーッと割り込んでみたり、周りをうろうろして様子を伺うんです。
e0192217_7411647.jpg


まだ5ヶ月だけど大きさはモカ以上。
パピーだから遊び方もまだまだ発展途上ですもんね。
心配する父親が子供を遠巻きにレフリー状態に見守る感じなの。^^
e0192217_743520.jpg

いつもなら時々参戦して一緒に遊ぶけど、この日は見守り隊に徹してました。
e0192217_746272.jpg

モカ姉さんは遊び上手なので、とってもいい感じに誘ったり交わしたり
e0192217_7482114.jpg

パピーの遊び相手になってました。
e0192217_74951.jpg

若い時期に、たくさん遊んで経験をして、いろんな事を学ばないとねー。

小型犬エリアには、ポメラニアンのパピーが!
e0192217_7503561.jpg

なんとまだ3ヶ月なんですってー。
e0192217_7511452.jpg


だんだん他にもワンちゃんが集まってきて
e0192217_7513465.jpg


1才5ヶ月のピレネーちゃんも
e0192217_7523399.jpg

e0192217_7525342.jpg

意外な事にお昼頃になったら他にもたくさんやってきて賑やかに…。\^^/
公園のドッグランは2年くらい、いやもっとかもなくらい久しぶりだったのですが、たくさんのワンちゃんに会えました〜。
e0192217_7545528.jpg


その後は川で熱くなったカラダを冷やしましたよぉ〜。
e0192217_7553863.jpg

e0192217_7555774.jpg

e0192217_7562172.jpg

e0192217_7583485.jpg

会いに来て下さって、どうもありがとうございました〜♪


今日もザックとモカに会いに来て下さって、ありがとうございました♪
ポチっと応援お願いしまーす。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
by english-mastiff | 2015-07-22 08:01 | マスティフについて | Comments(2)
日本では多分10頭くらいしかいないかもしれません。
正式名は「old english mastiff」。
日本では、マスチフともいいます。
ワールドドック図鑑のHPによると…
マスティフグループと言われる犬種は多く、この場合のマスティフとはアジアに起源を持つ、いわゆるマスティフ系古代犬の子孫の意である。
マスティフ系古代犬の起源はと言うと2700年前のバビロニア、3000年前のエジプト、3100年前の中国など諸説あるものの確証はない。
マスティフの犬名は「パワフル」と同意語の「マスティー」に由来するとの説もあるが、多くの国でマスティフと言う語は「犬」を意味する言葉であった。

現在、犬種名でマスティフと呼ぶ犬は、正確にはオールド・イングリッシュ・マスティフと呼ぶべき犬で、アジアのマスティフ系の犬がアッシリア、ペルシャ、バビロニア、エジプトを経てイギリスに伝わり、改良されて2000年以上を経た犬種である。
主として邸宅や猟場の番犬として働き、軍用犬としても使用されていた。
番犬としてのマスティフの歴史は長く、イギリスでは農場を害獣から守るためにマスティフの飼育を義務付けていた時代もあった。
農場ではマスティフを昼間は鎖で繋いでおき、夜になると解き放した。
番犬として長い年月を過ごしたマスティフは、家庭や主人を守る特性を身に付けたようである。マスティフの主人に対する献身ぶりを書いた逸話や、マスティフが主人を救出する場面を描いた絵画など、ヨーロッパやアジア地域でマスティフの名声を後生に伝えるものは多い。
マスティフはマスティフグループの中でも根幹をなす犬種で、多くの犬種の開発、改良に影響を与えている。

シーザー率いるローマ軍がイギリスに侵攻した時、マスティフは果敢にローマ軍と戦ったと言われている。
ローマ軍はマスティフをローマに連れ帰り、闘技に使用した。
3~4頭のマスティフとクマ、ライオンを闘わせる猛獣闘技が古代ローマで人気を博した。
現代の動物愛護の観点からは信じ難い事ではあるが、いわゆるマスティフ系犬種とウシ、クマなどの闘いは150年前までのイギリスやアメリカでは人気の高い娯楽であった。
クマとの闘技はベア・ファイティングと呼ばれイギリス人を熱狂させ、17世紀には国技とみなされていた。
しかも、これら血なまぐさい見世物は王侯貴族の支援によって開催されており、これらの競技で常に第一線で活躍したのがマスティフであった。

闘犬として名を馳せたマスティフであるが、現在では昔のようなどう猛さはなく観賞犬、有能な番犬として飼育されている。
多くの巨大犬と同じく、戦時下でのイギリスでマスティフは衰退するが、戦後アメリカに渡り良血犬が作出されている。
今日のマスティフは顔貌に似ず温和で、飼い主に対しては絶対的な忠誠を示す。
近年は、胴の太さが重視される傾向にあり四肢の長いものは好まれない。
巨大犬であるマスティフは見栄えで評価されがちであるが、マスティフの本領は「威厳」であり、何よりも気質で評価されねばならない。

マスティフの並外れた体力をコントロールし、家庭犬として迎え入れる事は万人にできる事ではなく、我が国では知名度が高い割りには飼育数の少ない特殊犬種である。


と書かれています。
残念ながら日本ではマスティフの事を「闘犬」と思っている人が殆ど。(涙)
赤字の部分にあるように、現在は闘犬の血はどこにも見当たらないほど温和で愛情溢れる頭の良い犬で、けっして闘犬ではありません。
私が10年ほど前まで住んでいたアメリカでマスティフの事を「闘犬」だと思っている人は誰一人いませんでした。
皆さん室内犬として小さいお子さんがいても家族と一緒に暮らしています。
もちろん、アメリカでさえイングリッシュ・マスティフの事を知らなかった人も多かったですが、我が家のモカとザックに会った人はみんなイングリッシュ・マスティフと言う犬に一目惚れしちゃったものです。

そんなイングリッシュ・マスティフ「ザック」の暮らしをご紹介していきますね。
by english-mastiff | 2009-08-14 14:22 | マスティフについて | Comments(2)

イングリッシュマスティフ「ZACK」と、妹のラブラドール「MOCHA」の成長日記 zack.mocha@gmail.com


by english-mastiff