溺れるウリ坊の救出…の巻

今朝、溺れているウリ坊を助けちゃいました。(>_<)

助けちゃったって言う言い方も変だけど、駆除するイノシシの子供な訳で…。
イノシシ被害を受けている方にとっては迷惑な話で…。
助けて良かったのか悪かったのか、ひじょーに後味の悪い救助となってしまったのでありますぅ。

でもね、目の前にもがいて溺れているウリ坊が流れてきちゃったら知らんぷり出来ませんよ。

朝イチで夫を送りに行って帰って来たら、家の前の道路にウリ坊がいて、うわぁ、可愛い~。なんて車で近付いたらモカが吠えまくってお向かいさんに逃げてしまったの。
ウチの橋に車を停めて、バックからカメラを取り出してお向かいさんに行こうと思ったら、なぜか溺れながら流れて来るもう1頭のウリ坊が目に入り…。

「えぇーっ!?」「えーっ!?」を連呼しながら、何か救えるもの。って庭掃除道具を探しに行きつつ、一瞬カメラを取りに車に戻ろうとした私。(>_<)
そんな撮ってる場合じゃないと(理性があって良かったぁ)、取り合えず大きな柄杓を持って流れるウリ坊に充てたけどウリ坊が柄杓の中に入る訳ないじゃん。
手で柄杓に掴まるわけもない。すぐに柄杓は却下。
急いで大きな熊手を持って走りました。
何度か体に当てるんだけど、無理で…。
流れるウリ坊に伴走しながら、ヒトリごとをかなり発してました。はいっ。
生憎、ここら辺の別荘の人は引き払って誰もいないし携帯もモカもエンジンかかった車に置いたまま。

用水路沿いは我が家の前は綺麗だからいいんですけど、ちょっと先に行ったら雑草ボーボーなんですよ。
酷い話しで、ウンチだってそのままの人もいるんです。
ここにサンダルで入るのって気持ち悪いのに、「うぇ~。」って言いながら雑草の中に入り近づいて何度もトライ。

熊手でも無理だと分かったんで、もう最後は入水して受け止めるしかないと判断。
もうねー、ウリ坊助けて私が溺れたんじゃシャレになんないじゃーん。ってかなり1人で言ってました。
マジで、シャレになんないので溺れる訳に行かず、安全そうな所までダッシュで先の方まで走って、橋に手をかけながら入水。
(そもそも私がダッシュってありませんからぁ。)

こう言う時に限って水かさが多くて膝上まであって、流れも強かったです。
橋に背中を当てて流れを受けたので立っていられたけど、フリーだったら私には危ない感じでした。

で、流れて来るのを待っている時、イノシシって触っていいんだっけ? 
なんか病気持ってるんじゃなかったっけ? それってタヌキ?
って頭をグルグルするんだけど助けないわけに行かないし、両手で受け止めて上にあげようとするんだけど、
1回ではあげられなかったですよ。
縁が斜めになっているので、かなり上まで持ち上げないと道路にあげられないんです。

必死で引きあげたら、そこから走って逃げて行くと思ったのに、ハーハーして横たわったまま。
そんな姿を見て、もうパニックな私。
家までケータイを取りに行くのも心配で、近くの民家に助けを求めに入っていきました。

でもねー、おばちゃん「えー、ウリ坊でしょう。」「んもーっ、助けちゃったの?流しちゃってよ。」って…。
「うちの畑荒らされて困ってるんだからぁ。」って…・。(T_T)

まぁ、そうなんですよねー。
大きくなったらイノシシですからぁ…。
でもすぐに知り合いの猟友会の方に電話して下さって、2分くらいで到着。
おじちゃんも、「駆除する方で、助ける方じゃないからなぁ。」って、困惑気味。
「山に放せば逃げてくだろう。」って言いつつも、「お水をたくさん飲んでお腹がパンパンで助からないかもな。」とも。
取り合えず車に積んで走りましたら、ちょうど我が家の所で道路がたくさん濡れている個所があって…。
どうやら親のイノシシも水路に落ちたようなんです。
道路の濡れ具合からすると、親が自分で這い上がって歩いた跡らしい。
でも最初のウリ坊が逃げたお向かいさんの敷地ではなく道路を歩いて反対の方へ…。

猟友会の方は近くの2軒の別荘に檻を置いてあるっておっしゃってましたから、結構いるのですねぇ。

でね、さっきお買い物の前にお向かいさんのお庭を見に行ったら、ウリ坊が私に驚いてウロウロしてるじゃありませんか!
もうー、やだぁー。 どうしよう~。って気分でしたが、どうしてもお買い物に行かないとならず行って帰ってきたら、見える範囲に姿はなく。
でもお向かいさん、すっごく広いお庭なんです。道路から道路まで4つの道路(1つの面を除いて)彼の家。
多分2000坪以上から、どこかにまだ隠れている可能性はありますね。
親と兄弟と離れてどこに行っていいか分からないのかも…。

あーん、どうしよう。(;_:)

そうそう、ウリ坊を抱きあげた時、おとといのフレンチブルのガブちゃんと感触がソックリでしたぁ~。
やっぱりこんなに小さい動物、見て見ぬふりは出来ませんよねぇ。

モカが水路に落ちちゃったら、飛び込んで助けるか?って夫に聞かれて、「えー、私が溺れて死んだら困るでしょ?」「むやみに飛び込まずに助けを呼んだ方がいいのかな?」って言ったら、「うっそー、可愛いモカを見捨てるのか?」って前に言われた事があります。

だって、不幸にも溺れている人を助けに入った人も亡くなる事故って多いじゃないですか…。
だから、むやみに飛び込んだから夫は怒ると思ったら違いました。
「こんな水路に飛び込んだって溺れないよ。助けなさいよー。」ってね。(^^ゞ
1度入って水の力とか体験して訓練しておいた方がいいねー。って話していたのに…。
体験してたら、すんなり入れただろうなぁ。

まっ、ウリ坊でさえ、自然に体が動いちゃったのですから、モカが落ちちゃったら、もちろん入水です。

ただ、モカを抱きあげるって事が私には出来ない為、どうやって道路にあげるかが問題。
こればかりは、モカと一緒に入って訓練出来ないし…。
少し抱きあげれば自力で縁をあがってくれるかもしれませんよね。
(一生、そんな事がない事を願いますけど。)

朝からこんなドタバタ事件があって、さっき気が付いたら腕に擦りキズ…。(>_<) さっそくダンママさんが先日使ってらしたキズバンを買いに走りました。

今日書こうと思っていたネタはまた明日に~。

写真なしの投稿は、多分初めて。
お付き合い下さって、どうもありがとうございました。

今日もザックとモカに会いに来て下さって、ありがとうございました♪
ポチっと応援お願いしまーす。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
Commented by 8972991 at 2012-08-30 13:56 x
本当にお疲れ様!

肉体的にも精神的にも、ちょっとダメージありって感じですね。
Commented by shop7Cloud at 2012-08-30 14:26
勇気ある救助、ありがとうございます!
私は岡山に住んでいるのですが、知り合いの猟友会の方からしし肉を頂いたりもするのですが、最近その駆除される数にかんがえてしまいます。何か被害に遭えばこんなこと言えないのでしょうが、「後味の悪い救助」っていうお気持ちよくわかります。
でもうり坊が助けられてよかった!と思いますよ。

実は黒ラブのロビンがパピーだったときになぜか散歩中に深さ1mくらいの水路に落ちたことがあります。
リードをしていたのですが、びっくりしてそのままリードを引っ張って道路にあげました。引っ張ってるときにロビンと1瞬目があったのですが、驚きと情けないような必死の顔で・・・(笑)本当に助かってよかったと今でも思います。
もしあのとき首輪が抜けたらどうなっただろう・・・(その先の水路はは道路の下になるので)と怖いことを考えそうになります。
本当に咄嗟のことって、わかりませんよね。
Commented by LOUISTOMO at 2012-08-30 14:38 x
ご苦労様でした〜
でもきっと、どこかで「ウリ坊の恩返し」があるはず!

しかし、この長文の写真なしのブログ記事をドキドキしながら、すごい臨場感で読んじゃいました(笑)
Commented by ルイ母 at 2012-08-30 14:40 x
頑張りましたね〜。

今朝、Twitterをみて「どーしよー!ウリ坊が流されてるって〜!このままだったら死んじゃう助からない!」って叫んでいました。
やっぱり、助けたんですね。私もそうしたと思います。
でも、おばちゃんの言い分もわかります。
ホント、複雑な気持ちになりますね。

ママさん、ゆっくり休んで!
Commented by きっちゃん at 2012-08-30 21:17 x
うわ~っ大変でしたね!!
でも、大きくなると怖い猪もウリ坊のときは可愛いですもんね・・。ちっちゃいのが流れていくのを黙ってみているなんて、私でも出来ないかも・・。
でも、入水して助けるなんてこともできないかも~・・。とっても素晴らしいことだと思います。
ご近所のおばさまの意見もごもっともですが、やっぱり見て見ぬフリ・・は無理ですよね・・。
とにかくお疲れ様でした!!
ザック&モカママさんにお怪我がなくて良かったです!
Commented by country-mouse at 2012-08-31 09:58
いや~、エライ、エライわよ。

ザック君とモカちゃんのことも好きだけど、、、、 ママさんのことも、ますます好きになっちゃった。助けたことについていろいろ言う人がいるかも知れないけど、気にしないでね。今日は、ゆっくりお過ごしください。
Commented by リンはは at 2012-08-31 21:25 x
ママさん本当にすごいです。拍手しちゃいます。
なかなか出来ることじゃないですよね。
やっぱり子供ですもんね、助けたい気持ちになりますね。
本当におつかれさまでした!
Commented by mickimchi at 2012-09-01 10:15
こんにちは〜。
動物の赤ちゃんてほんとにかわいいですよね。
守ってあげよう、助けてあげようと自然に思わせる、生き物の生存本能なんですって。
駆除対象の動物とはいえ、やっぱ助けてあげたくなりますよね。

お猿も、お母さんサルの背中に必死に乗っかってるちびサル見ると思わずかわゆく見えちゃいます。

話は変わりますがご近所のプードル犬、駅北側のコンサートホールの近くのY公園の池
(すごくローカルネタ)に散歩中、突然真冬に飛び込んだらしいです。
もちろん、そのワンコママは真冬の池に迷わずダイブ。
あそこで泳いだ人間、彼女だけかも。

Commented by nana at 2012-09-01 16:22 x
そりゃ、目の前で溺れていたら助けますよね。
ママさんお疲れ様でした。膝の深さの用水路で
溺れなくてよかった。。。ほっ。

いくら駆除の対象、畑を荒らして迷惑・・・と言っても
目の前で苦しんでいたら助けないはずがないですものね。

先日、裏磐梯に行った時、ランチ中にクマが出たんですよ。
レストランの前に。すぐにレストランの方が通報して
お巡りさんがやってきたんですが、裏磐梯のクマさんは
人との事故を起こしていないので、いきなり見つけたからと
言って、バ~ンと殺しちゃったりせずに、パトカーのスピーカーから音楽を大音響で流して、お巡りさんが笛をピーピーならして
早くお家に帰りなさ~い!!って言ってました。野生のクマですから怖いんですけど、なんとも微笑ましい、クマさん退治でしたよ~。
ママさんは良いことをしました!
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 08:43
8972991 さん
おはようございまーす。
助けたのに、スッキリした気分になれないのですぅ。
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 08:53
shop7Cloud さん
そうそう、溺れて驚きと情けない顔、まさにそう言う感じ。昔しザックが水路に落ちた時もその顔をしてました。
ロビンちゃんリードを引いて水から引き上げられて良かったですねー。用水路って浅いのにけっこう水難事故が多いですよね…。
私も時期になると、焼き鳥屋さんで猟友会の方からの鹿やイノシシを食べる身なんですが、ホント複雑です。
でも助けられてよかった。
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 08:55
LOUISTOMOさん
「恩返し」ありますかねー。
一瞬、殺されるならウチの庭で飼おうと頭をよぎったほど、目が合ったウリ坊が愛おしくなってました。
画面に食いついて読んで下さって、ありがとうございます。(笑)
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 08:57
ルイ母 さん
ですよねぇ。
ルイ母さんだったら、絶対に飛び込んで助けてますよねぇ。
もうね、心臓が口から飛び出そうなくらい、バクバクしてました。
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 09:00
きっちゃん さん
そうなんですよぉ。イノシシだけど、ちっちゃいのがもがいて苦しんでいるんですもの。(T_T)
私も生きてて良かったぁ~。ホッ!
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 09:03
country-mouse さん
そんな誉められると照れるぅ。
でも農家の方達には「何も分かってないバカな都会の人」って感じなんでしょうねー。(>_<)
ほんと難しい問題です。
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 09:07
リンはは さん
ありがとうございます。(^^ゞ
ほんと苦しそうにもがいてるのは、放っておけないですよねー。
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 09:11
mickimchi さん
生き物の生存本能…、なるほどぉ~。
そうそう、母猿の背中にしがみつく子猿って可愛いですよねー。

あの真冬の池に飛び込んだんですか?
うわぁ、すごい母性と勇気ですねー。
それこそ、よくご無事で何よりでしたよねー。凍てつく湖で心臓発作おこしちゃいそう。
Commented by english-mastiff at 2012-09-02 09:15
nana さんもありがとう。
レストラン前にクマって言うのも驚きな事件ですねぇ。
そうそう、こっちでも熊はむやみに射殺しちゃいけないんですって。
同じように森に帰すように促すらしいですよ。
イノシシをとらえる為の檻に、まれにクマが入っちゃう事があって、そうなると射殺出来ないから面倒だって猟友会の方もおっしゃってました。
私達が彼らの土地に住まわせてもらっているんですもの、やたらめったに処分するのにも複雑な気持ちを感じます。
by english-mastiff | 2012-08-30 12:57 | Comments(18)

イングリッシュマスティフ「ZACK」と、妹のラブラドール「MOCHA」の成長日記 zack.mocha@gmail.com


by english-mastiff